レイズ・筒香 故郷・和歌山に球場希望!「市長に一つ造ってもらわないと」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

右足を上げたままのブリッジを披露する筒香
Photo By スポニチ

 DeNAからレイズに移籍した筒香が、出身地の和歌山県橋本市で行われた「トークとエクササイズ体験会」に参加。地元の小学生と交流後、「橋本には野球場がないので(平木哲朗)市長に一つ造ってもらわないといけない」と訴えた。

 昨オフ、同市初の「スポーツ推進アドバイザー」に就任。自身は幼少期に自宅近くの田んぼで野球やサッカーで足腰を鍛えたが近年は遊び場が失われつつある。「まだ(市と)本格的に話はできていない」と言うが、メジャーでの活躍とともに、アドバイザーとして地域スポーツへの貢献は大きな使命だ。

 実現すれば球場名に地元のスターとして“筒香”の冠がつく可能性も。「僕の(名前の)球場というより、そういう球場があればみんなが利用できる。球場ができて、一人でも多く野球選手が出てほしい」と願った。

 イベントではブリッジ、側転などの運動を通じ、体の使い方を学ぶ大切さを説明。「生まれて育った場所でこういうことをできるのは特別な思いがある」と語った。 (柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月19日のニュース