近大・佐藤に9球団熱視線 侍ジャパン大学代表候補選考合宿

[ 2019年12月1日 05:30 ]

侍ジャパン大学代表候補選手選考合宿に参加し、紅白戦で空振り三振に倒れる近大・佐藤
Photo By スポニチ

 侍ジャパン大学代表候補選考合宿が30日、愛媛県松山市内で始まり、初日は42選手が参加。来秋ドラフト上位候補の近大・佐藤輝明内野手(3年)は紅白戦で中飛と三振に倒れたが「長打を打てる選手も必要」と持ち前のフルスイングを見せ、代表入りをアピールした。

 9球団のスカウトが視察。左の強打者に対し、ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスクが「スラッガーとしては(力が)抜けている」と話せば、中日・山本将道アマスカウトチーフ補佐も「大砲はどこも必要」と興味を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース