輝星、佐々木と1軍で再戦希望「“こいつら2人が当たる時は熱い”と思われたい」

[ 2019年12月1日 05:30 ]

ファンからもらった大量のプレゼントを手に引き上げる日本ハム・吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハム・吉田輝がロッテとの入団に合意した大船渡・佐々木との「令和の名勝負」実現を望んだ。金足農3年春の練習試合で打者として空振り三振に打ち取られた過去もあるが、プロでは投手としての再戦を熱望。「投手同士なので自分は対決とは感じない」と前置きしつつも、「そうなると注目される。負けて悲しい内容の記事を書かれるのだけは避けたい。“こいつら2人が当たる時は熱い”と思われたい」と同じ東北出身の右腕との投げ合いを思い描いた。

 そのためにも、まずはプロでは1年先輩となる自身が1軍に定着することが先決だ。今季はデビュー戦でプロ初勝利を挙げたが、その後は3連敗。「プロの壁に当たった」と振り返った。2年目となる来季に向けて「1年間頑張ってきた姿を見てほしい」と、経験を生かして臨む。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース