清原氏 野球教室で講師 仲間からのサプライズに涙「心が洗われるような思いで、胸がいっぱい」

[ 2019年12月1日 17:24 ]

野球教室を終え、会見で涙を浮かべる清原氏
Photo By スポニチ

 清原氏、涙――。元プロ野球選手で、16年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた清原和博氏(52)が1日、東京都八王子市内での野球教室で講師を務めた。

 「(少年少女は)みんなキラキラしていた。心が洗われるような思いで、胸がいっぱいになった」。自らバットを手に熱心に指導。プロ野球OBとの対決でも沸かせた。

 そんな清原氏にサプライズが待っていたのは、全てのイベントが終了した閉会式。あいさつを終えた清原氏のもとにデーブ大久保氏、宮本慎也氏、野村弘樹氏、橋本清氏ら参加メンバーが歩み寄る。サプライズで用意されたTシャツには、背中に「まだまだ若々しく元気でいろよ!絶対負けんな!」「いつもバッティングを教えてくれてありがとう!これからも元気でいてね!」と、清原氏の息子2人のメッセージが書き込まれていた。

 清原氏は号泣。その後は仲間の手で計6度、胴上げされた。

 終了後の会見でも涙をこぼした清原氏は「たくさんの方の支えがあってここに立てた。まだまだ薬物依存との戦いは続く。これまで何度もくじけそうになったが、またこれから頑張っていきたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース