佐々木の母・陽子さん、晴れ姿見守る「入団するんだなと」

[ 2019年12月1日 05:30 ]

母・陽子さん(右)と一緒に契約交渉に臨む佐々木(右から2人目)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ロッテからドラフト1位指名された大船渡・佐々木朗希投手(18)は30日、大船渡市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円と、球団投手では史上初の最高条件で契約合意した。

 佐々木の母・陽子さん(46)も息子の晴れの姿を見守った。「帽子をかぶったり、ユニホームを着ると入団するんだなと思いました。私よりしっかりしているので、何とかやってくれると思いますよ」と笑顔。ただ、18年間を振り返ると「(3兄弟の)真ん中なのであまり手を掛けてやれなかった反省もある」としみじみ語る横顔は、寂しげでもあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース