巨人、元中日・友利氏を国際部スカウトに招へい 人材発掘の手腕評価

[ 2019年12月1日 05:30 ]

友利結氏
Photo By スポニチ

 巨人が、今季まで中日の国際渉外担当を務めていた友利結氏(52)を国際部スカウトとして招へいすることが30日、分かった。友利氏は現役時代に「デニー」の登録名で西武や横浜、中日で活躍し、05年にはレッドソックスのマイナーでもプレー。引退後はレ軍で巡回コーチ、DeNAや中日でもコーチを務めた。

 近年は中日で国際渉外担当として外国人選手発掘に貢献。ドミニカ共和国出身で今季の最優秀中継ぎ投手に輝いたロドリゲスや8勝を挙げたロメロらの獲得に携わった。近年、中南米の人材発掘に力を入れている巨人が、その手腕を高く評価してオファー。友利氏の培ってきた「相馬眼」に期待がかかる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース