巨人・畠、来季飛躍へ岩隈ツーシーム「“そう投げるの?”と驚きだった」 

[ 2019年12月1日 05:30 ]

巨人の畠
Photo By スポニチ

 巨人・畠が「岩隈ツーシーム」で来季の飛躍を目指す。右肘の遊離軟骨摘出の手術を受けた7月以前に、岩隈から教わり「投げる感覚のことを言われただけなんですけど、“そう投げるの?”と驚きだった。今までになかった考え方」と目からうろこが落ちた。

 詳細は「企業秘密」としたが近大時代にも挑戦して習得できなかった球種が先輩の金言で「変化するようになった」と手応え。今季は開幕ローテーション入りしながら、ケガの影響で未勝利に終わった右腕が新球で復活を期す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース