由伸氏、西武入閣の豊田氏にエール「大変だけどやりがいあると思う」

[ 2019年12月1日 05:30 ]

野球教室を行った、左から西武・豊田コーチ、高橋由伸氏、西武・小関コーチ
Photo By スポニチ

 前巨人監督の高橋由伸氏(44)が、都内で野球教室を開催。小学3~6年生を対象に2部構成で行い、ユニホーム姿で指導した。巨人の元同僚で、西武の投手コーチに就任する豊田清氏、同じく外野守備走塁コーチの小関竜也氏も参加。高橋氏は「西武は2年連続CSで悔しい思いをした。特に投手陣が課題なので、豊田さんは大変だけどやりがいがあると思う」とエールを送った。

 日本高野連が1人の1週間の総投球数を500球以内とする投球数制限の実施を決めたことには「(球児の)体を守ることは大事。(高野連の)皆さんがしっかり話し合って決めたこと」と見解を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース