楽天 下水流が新天地で初の契約更改、200万増 来季は「スタメン増やしていきたい」

[ 2019年12月1日 12:08 ]

移籍後初の契約更改交渉を終えた楽天・下水流
Photo By スポニチ

 楽天の下水流昂外野手(31)が1日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万増の1700万円でサインした。

 今年7月に交換トレードで広島から移籍。50試合に出場して打率・250、6打点、2本塁打という成績だった。移籍後初の契約更改を終え「人生は何があるか分からないな、と感じた1年でしたね。今年の初めには、まさか仙台で契約更改をするとは思いもしなかったので」と激動だったプロ7年目の日々を振り返った。

 左投手には打率・292、2本塁打と結果を残した一方で、対右投手は打率・200。得点圏打率も・143で「得点圏が2割以下じゃ話にならない。そこは反省して見直さないと。まずは大前提として打てないと始まらない。段階を踏んでスタメンを増やしていきたい」と話し、来季は定位置奪取を目指す。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月1日のニュース