広島・中崎リハビリ開始 7日に右膝手術 来春キャンプは2軍スタートも

[ 2019年11月15日 05:30 ]

大野練習場でリハビリを開始し、松葉杖をつきながら質問に答える中崎
Photo By スポニチ

 広島・中崎が14日、広島県廿日市市の大野練習場を訪れリハビリを開始した。7日に広島市内の病院で右膝半月板部分切除手術を行い13日に退院。「負荷をかけられない」と歩行には松葉づえを使用。この日は約1時間、屋内で肩回りの筋力トレーニングなどを行った。

 シーズン終了から約1カ月後の手術となったことに「やれると思ったけど、もっといいパフォーマンスを出すための決断。検査の内容を見てすぐ決断した」と説明。36試合登板にとどまった今季は8月25日の登板を最後に出場選手登録を抹消されたが、負傷時期の明言は避けた。

 今後については「筋肉量も落ちているので、できることからやる。キャンプ中には走ったり投げたりというところまでいきたい」と話したことを考慮すると来春キャンプは2軍スタートの可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月15日のニュース