楽天・鈴木翔天が秋季キャンプMVP 1年目“未完の左腕”「来季は1軍でローテ守りたい」

[ 2019年11月15日 05:30 ]

秋季キャンプMVPに選ばれた鈴木
Photo By スポニチ

 楽天の1年目左腕・鈴木が、秋季キャンプMVPに選ばれた。岡山・倉敷での秋季キャンプを打ち上げ、三木新監督は「MVPを選ぶなら鈴木翔天(そら)。キャンプで課題だったクイックや新しい球種にも取り組めていた」と高く評価した。

 富士大からドラフト8位で入団したが、今季は3月末に腰を痛めた影響でイースタン・リーグでわずか2試合の登板に終わった。同期入団のルーキーたちが次々と1軍デビューを果たす中、2軍でリハビリを続け「何もできなくて情けなかった」と振り返る。13日のJFE西日本との練習試合では先発で2回無失点、3三振を奪い、習得中のツーシームにも手応えを得た。

 現在は腰の不安も消え、「来季は1軍でローテーションを守りたい」と目標を掲げる。鈴木が1軍定着できればチームの左腕不足も解消するだけに、指揮官は「春のキャンプの人選で(1軍メンバーに)入る可能性は高い」と明言した。西武の山川、外崎、多和田は大学の先輩。未完の左腕は「1軍で先輩たちと対戦したい」と目を輝かせた。 (重光 晋太郎)

 ◆鈴木 翔天(すずき・そら)1996年(平8)8月19日生まれ、神奈川県出身の23歳。向上から富士大に進み、3年秋には北東北大学リーグ史上初の完全試合を達成。18年ドラフト8位で楽天入り。直球は最速149キロで、持ち球はカーブ、スライダー、チェンジアップ。1メートル85、82キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月15日のニュース