ソフトBの育成・黒瀬&砂川が3ラン競演 工藤監督ニンマリ「結果が選手の自信になる」

[ 2019年11月15日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク8―4巨人 ( 2019年11月14日    サンマリン宮崎 )

<巨・ソ>豪快なスイングを見せる黒瀬(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人との練習試合で、ソフトバンクの育成選手の黒瀬、砂川リチャードがともに3ランを放つなど、支配下選手登録に向け猛アピール。

 4回2死一、三塁で6番・黒瀬は初芝橋本時代に通算97本塁打を放った右の大砲候補。「打たないと試合に出られない。必死にやっている」と左腕・大江の直球を左翼席へ運んだ。4番に座った2年目の砂川は「高く上がり過ぎたけど、風が持って行ってくれた」と5回に直江のスライダーを左翼ポール際へ運び、4回にも右前打を放った。若手の躍動に工藤監督も「結果が選手の自信になる」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月15日のニュース