ロッテ 鴨川秋季キャンプ打ち上げ、井口監督満足げ「課題しっかりやれた」

[ 2019年11月15日 12:42 ]

ロッテの鴨川秋季キャンプ打ち上げで、手締めをする二木
Photo By スポニチ

 ロッテは15日、鴨川秋季キャンプを打ち上げ、井口資仁監督(44)は「限界を超えようというテーマで充実したキャンプができた」と振り返った。

 キャンプ初日だった1日には井上が左脇腹違和感で離脱したが、左肩痛のドラフト1位・藤原らが、途中合流するなど「課題だったことはしっかりやれた」と指揮官は満足げだった。

 手締めは井口監督から指名されたた二木が担当。「朝、マネジャーから言われ、うそだと思ったんですけど、大地さん(鈴木)のような手締めができたと思います。ただ、マリーンズの手締めは大地さんじゃないとつとまらないですけどね」と国内FA宣言している選手会長にひっそりと「残留エール」を送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月15日のニュース