巨人・大塚副代表 FAロッテ・鈴木は「魅力的」獲得に乗り出す意向示す 楽天・美馬も調査へ

[ 2019年10月28日 19:56 ]

国内フリーエージェント権の行使を決断したロッテ・鈴木(右)     
Photo By スポニチ

 巨人の大塚淳弘球団副代表編成担当(60)が28日、国内FA権行使を表明したロッテ・鈴木大地内野手(30)について、獲得に乗り出す意向を示した。東京・大手町の球団事務所で取材に応じ「阿部が引退して、どこでも守れるとなると魅力的ですよね。明日からデータを本格的に調べる」と明かした。

 内野の全ポジションに加え、外野も守れるユーティリティさを高く評価。今季15本塁打をマークしたパンチ力にも触れ「ドームだったら20本くらいいくんじゃないかと思いますけどね。若林とか山本とか田中俊が出てきていますけど、日本一になるにはもう少し時間がかかる。調査します」と説明した。

 また、楽天・美馬学投手(33)についても調査する意向を表明。8勝5敗だった今季、143回2/3の投球回を高く評価し「開幕からシーズン通して投げるピッチャーは貴重。日本シリーズで負けて投手力不足というのがはっきり見えた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース