明大・入江が先発初勝利 連投も6回1失点「勝ちにつなげられてよかった」

[ 2019年10月28日 05:30 ]

東京六大学野球 第7週第2日   明大6―1立大 ( 2019年10月27日    神宮 )

<明大・立大>先発で初勝利をあげた明大・入江(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 明大の3年生右腕・入江が6回1失点で先発初勝利(通算2勝目)だ。前日の1回戦から連投も「疲れはそれほどない。勝ちにつなげられてよかった」。

 作新学院ではエース今井(現西武)とともに16年夏の甲子園優勝。当時2番手ながら4番打者として3試合連続本塁打も放った。「ここからの一年が勝負と思っている」という来年のドラフト候補は「甘くないと思うけどやるだけやりたい」と二刀流にも意欲を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース