メジャー挑戦・筒香 米国でヤンキース―アストロズ戦2試合を観戦「凄い選手が多い」

[ 2019年10月28日 05:30 ]

2軍施設で練習を行ったDeNA・筒香(左)はラミレス監督(右)と会話を交わす
Photo By スポニチ

 今オフ、ポスティングシステムを利用して大リーグ挑戦を目指すDeNA・筒香が、横須賀市内の2軍施設「DOCK」を訪れた。約3週間ぶりのユニホーム姿で、秋季練習に参加中の若手選手とフリー打撃などを行い「楽しかったです」と笑顔を見せた。

 7日のCSファーストS敗退後は米国に渡り、ニューヨークでヤンキースとアストロズのア・リーグ優勝決定シリーズを2試合観戦。試合前の打撃練習から本場の空気に触れ「凄い選手が多いなと思いました」と夢を膨らませた。

 ラミレス監督とは来季の主将について約15分間会談。指揮官が候補に宮崎、梶谷、伊藤光や若手数人の名前も挙げ「筒香は5年間務めて、キャプテンがどうあるべきか分かっているから」と意見を聞いたという。筒香は「なった人がチーム全体に情熱と愛があればいい方向に行く」と主将の心得を口にした。 (町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース