大阪桐蔭 甲子園春夏4強の明石商を撃破 センバツ当確

[ 2019年10月28日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会 準々決勝   大阪桐蔭4―3明石商 ( 2019年10月27日    佐藤薬品スタジアム )

<大阪桐蔭・明石商>9回を完投する大阪桐蔭・藤江(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭は甲子園大会春夏連続4強の明石商(兵庫)を逆転で破り、来春のセンバツ出場に当確ランプをともした。

 0―3の3回2死一、二塁、3番・西野が来秋ドラフト候補の中森の外角直球を右翼席へ同点3ラン。「相手投手のことは考えていなかった。一番、うれしいくらい」と高校通算23号で自身初の右方向への本塁打に笑顔をのぞかせた。

 この一発で勢いに乗り、6回に勝ち越した。昨季はセンバツ出場を逃しただけに、西谷浩一監督は「甲子園に飢えているチーム。次もしっかり頑張って、春につなげていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース