大島康徳さん、巨人に猛ゲキ「来年は頑張ろう!もっともっと練習しよう!もっともっと野球を勉強しよう!」

[ 2019年10月28日 15:11 ]

元プロ野球選手の大島康徳氏
Photo By スポニチ

 元日本ハム監督で、野球解説者の大島康徳さん(69)が28日、自身のブログを更新。セ・リーグを5年ぶりに制しながら日本シリーズでパ・リーグ2位のソフトバンクに0勝4敗で敗れ日本一を逃した巨人に「ジャイアンツ来年は頑張ろう!もっともっと練習しよう!もっともっと野球を勉強しよう!」とゲキを飛ばした。

 2017年2月にステージ4の大腸がんを患っていることを公表した大島さん。現在は闘病しながら精力的に仕事を続けているが、この日は「『日本シリーズ』もっと見たかった!」のタイトルでブログを更新した。

 そして、米大リーグのワールドシリーズや日本代表が初の8強入りを果たしたラグビーW杯の熱戦を見るにつけ「『日本シリーズ』が早々と終わってしまったこと『クライマックスシリーズ』も一方的な展開で終わってしまったことも含めとても寂しく感じています」と率直な心境をつづり、「初戦の千賀投手の坂本に対する徹底した“厳しい内角攻め”これで丸にも内角攻めを意識させることができ坂本と丸を完全に封じることに成功して勝つことができた。この時点で『シリーズ』の行方は決まったと、思っています」と第1戦(19日、ヤフオクD)で“勝負あった”と分析した。

 さらに「データ収集とそのデータを生かす能力(ベンチも選手自身も)全てがソフトバンクの方が上だったと思います」と断言すると「ジャイアンツ来年は頑張ろう!もっともっと練習しよう!もっともっと野球を勉強しよう!」と呼びかけ、「プロ野球、頑張ろう!」の一言でブログを締めくくった。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース