FA宣言の楽天・美馬「他球団の評価を聞きたい」 最有力のロッテ・井口監督「うちは行きますよ」

[ 2019年10月28日 05:30 ]

楽天生命パーク内でFA権の行使を表明した楽天・美馬
Photo By スポニチ

 楽天の美馬学投手(33)が27日、楽天生命パークで今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。「一生に一度の権利だと思うので、他球団の評価を聞いてみたい」。楽天は複数年契約を提示した上で、宣言残留を容認。関係者によると、美馬は在京球団でのプレーを希望しており、移籍を決断した場合はロッテが最有力とみられる。

 楽天への愛着は強いが、家庭環境を考えた上での決断だった。今月11日に第1子となる長男が誕生し「家庭がうまくいかないと、野球もうまくいかない。家族も増えて、良い環境でできるところを一番に考えたい」。球団とは残留に向けた話し合いを重ねて「宣言残留を認めてもらっている。条件は良い評価をいただいている」。熟考した末、26日に石井一久GMに権利を行使する意思を伝えた。

 9年目の今季は開幕からローテーションを守って2年ぶりに規定投球回に到達し、8勝5敗。通算51勝右腕に強い関心を寄せているのがロッテだ。3年連続で2桁勝利した日本人投手はおらず、先発陣の整備は不可欠。美馬の表明を受け、井口監督はスポニチ本紙の取材に「うちはいきますよ」と参戦を表明した。

 FA宣言した選手との交渉は11月3日に解禁される。「楽天(残留)を含めて、しっかり考えて結論を出したい」と美馬。交渉を見極め、ベストな選択を導き出す。

 ◆美馬 学(みま・まなぶ)1986年(昭61)9月19日生まれ、茨城県出身の33歳。藤代2年春にセンバツに出場し3回戦敗退。中大では4年春に抑えで2部優勝に貢献し、MVPを獲得。東京ガスでは2年連続で都市対抗8強入りし、10年ドラフト2位で楽天に入団。1メートル69、75キロ。右投げ左打ち。妻は女優のサントス・アンナ。今季年俸は6500万円。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース