楽天・則本昂、FA権行使して残留「この先もイーグルスで」来季は「何としても優勝する」

[ 2019年10月28日 18:46 ]

国内フリーエージェント権を行使して残留することを表明した楽天の則本昂
Photo By 共同

 楽天の則本昂大投手(28)が28日、国内フリーエージェント(FA)権を行使した上でチームに残留することを表明した。今季が3年契約の最終年だったが、3月ごろに7年と見られる長期契約を結び直していたことを7月に明かしていた。

 則本昂は「本日、FA権を行使して楽天イーグルスに残る決断をしたことを報告いたします」と改めて残留を表明。「今年長期契約をいただいたので、この先も楽天イーグルスで頑張りたいという自分の気持ちを表すためにもこれがベストと判断し(FA権を)行使して残ることを決めました」と話した。

 開幕前に右肘の手術を受けて長期離脱した今季は5勝5敗に終わり、新人だった2013年から続いていた2桁勝利は6年連続で途切れただけに「来季以降はフルで戦えるように、これから体のメンテナンスをし、トレーニングを積んで、来季何としても優勝するために一生懸命投げたいと思います」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース