東京ガス大敗 6投手継投も急逝の元エースに白星届けられず 先発・臼井「悔しい」

[ 2019年10月28日 05:30 ]

第45回社会人野球日本選手権 第3日   東京ガス6―13日本生命 ( 2019年10月27日    京セラドーム )

<東京ガス・日本生命>ベンチに掲げられた東京ガス・安達コーチのユニホーム (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 東京ガスは6投手の継投も実らず、13失点の大敗。今年8月に39歳で急逝した元エースで投手コーチの安達公則さんのユニホームをベンチに掲げて戦ったが、白星を届けることはできなかった。

 先発で4失点の臼井は「悔しいし、いろいろ教えていただいた安達さんに申し訳ない」と悔し涙。山口太輔監督も「安達が残してくれたものを、試合で出してほしかった。この敗戦を糧にバッテリーのレベルアップを目指す」と誓いを新たにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月28日のニュース