ソフトバンク、中村晃の中犠飛で追加点!リード広げる

[ 2019年10月19日 20:39 ]

日本シリーズ第1戦   ソフトバンク―巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオクドーム )

<日本シリーズ ソ・巨1>6回1死満塁、中犠飛を放つ中村晃(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズが19日、ヤフオクドームで開幕し、3年連続の日本一を狙うソフトバンクが巨人と対戦。2―1の6回に中村晃の犠飛で加点した。

 2回表に巨人・阿部のソロアーチで先制を許したが、その裏の攻撃で5番中村晃が先発の山口から右翼線二塁打で出塁すると、続く6番グラシアルが2球目を強振。左中間スタンドへ2ランを放ちすぐさま逆転した。

 6回には1番牧原が右翼線二塁打。2番今宮の犠打で三塁に進むと、3番柳田の四球、4番デスパイネの死球で1死満塁の好機に。5番中村晃が中犠飛を放ち追加点を奪った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース