日本シリーズ 勝負の行方は? 有藤氏「救援陣ソフトBが上」槇原氏「巨人は5番打者が鍵」

[ 2019年10月19日 09:00 ]

日本シリーズ 第1戦   ソフトバンクー巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオクD )

監督会議を終え握手を交わす巨人・原監督(左)とソフトバンク・工藤監督
Photo By スポニチ

 いよいよ日本シリーズが始まる。00年のONシリーズ以来19年ぶりのマッチアップで、果たして日本一に輝くのはどちらか。スポニチ評論家陣の予想は巨人の3人に対してソフトバンクが7人。有藤通世氏(72)、槙原寛己氏(56)が勝負の行方を占った。

 有藤 いよいよ開幕。第1戦、先制点が本当に大切だ。CSファイナルSでも、ソフトバンクは西武相手に4試合全てで先制して4連勝だった。

 槙原 巨人は初戦、千賀相手に白星をもぎ取りたいですね。

 有藤 逆にソフトバンクが勝てば4勝1敗もある。攻撃力、守備力は互角だが、投手陣はソフトバンクが上じゃないかな。特にリリーフは石川、甲斐野、モイネロ…と差があると思う。

 槙原 菅野がどこまで回復しているか。あと巨人は、山口を2戦目に回して確実に白星を奪うパターンもあったと思います。いずれにしろ第1戦はがっぷり四つ。

 有藤 巨人は山口で2勝を計算。

 槙原 継投のタイミングも早くなるでしょう。大竹、田口らに加えて桜井らも早い回からつぎ込むと思います。

 有藤 打線はソフトバンクは柳田がキーマン。彼は塁に出ても足が使えて、自分で還すこともできる。万能だ。

 槙原 巨人も柳田は眠らせたままにしたい。打線では5番打者が鍵を握ると思います。CSファイナルSで絶好調だった4番・岡本は勝負を避けられるケースも出てくる。阿部、大城、ゲレーロ…。後ろを打つ打者がどれだけ走者を還せるか。

 有藤 1番打者の牧原はファイナルSで19打数8安打の打率・421。大いに自信を付けたんじゃないかな。勢いのある育成出身の27歳。かたや巨人は37歳の亀井。いかに出塁し、得点に絡むか。1番打者の争いも楽しみだ。

 槙原 小林VS甲斐の捕手2人にも注目します。短期決戦。ロースコアのケースは足を絡めた攻撃も出てくる。それをどう封じるか。「甲斐キャノン」に小林も対抗してほしい。

 有藤 監督の采配合戦も見どころだ。ともにCSでは1点を物凄く大切にする野球をしていた。ベンチメンバーもお互い充実しているし、それぞれどうカードを切るか。

 槙原 工藤監督はもちろん、原監督も日本シリーズの経験は豊富。打つ手、打つ手が見逃せないですね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース