ソフトB千賀が7回3安打1失点!球団初の3年連続シリーズ開幕の大役で力投「野手の皆さんに感謝」

[ 2019年10月19日 21:11 ]

日本シリーズ第1戦   ソフトバンク―巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオクドーム )

<ソ・巨>7回表2死二、三塁、代打・重信を見逃し三振に抑え、グラブを叩く千賀(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズが19日ヤフオクドームで開幕し、3年連続の日本一を狙うソフトバンクが巨人と対戦。先発の千賀は7回3安打1失点と力投し、マウンドを降りた。

 球団初となる3年連続日本シリーズ開幕投手の大役を託された千賀。初回を3者凡退と上々の立ち上がり。2回に今季限りで現役を引退する巨人・阿部に先制ソロを浴びたが、裏の攻撃でグラシアルが逆転2ラン。援護をもらうと、3回から6回まで無安打に封じた。

 7回に2死から連打で二、三塁のピンチを背負ったが、代打・重信をカウント2―2から見逃し三振に仕留める気迫の投球。7回106球を投げ3安打1失点と先発の役目を果たした。

 ▼千賀の話 先制点を取られてしまい、追いかける展開にしてしまったのは反省です。調子はあまり良くなかったですが、キャッチャーの拓也(甲斐)としっかり話し合って、良い部分を上手く引き出してくれました。攻撃でも守備でも、助けてくれた野手の皆さんに感謝です。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース