阪神 森越祐人内野手に戦力外通告「急なことだったので、正直、ビックリしています」

[ 2019年10月19日 17:00 ]

阪神の森越祐人内野手
Photo By スポニチ

 阪神は19日、第2次戦力外通告として、森越祐人内野手(31)に対して来季契約を結ばない旨を通達した。

 この日、球団事務所を訪れた森越は「急なことだったので、正直、ビックリしています。戦力外は2回目で、前回は結婚もしていなくて子どももいなかったので自分の好きなようにやれましたけど、今回は結婚して子どももいる状況なので前回とは立場が違う。ちょっと話し合いというか、自分一人の判断では決められない部分が多い。これから話し合って、今後は決めようと思います」と話した。トライアウト受験か否かも含めた今後について、現段階では未定だ。

 森越は10年のドラフト4位で指名され中日に入団。14年オフに戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトに参加。阪神入りが決まった。今季は1軍でのプレーはなかった。

 すでに2日には第1次戦力外通告として歳内、岡本、山崎、小宮山に構想外を通達しており、今オフの戦力外通告は森越を加えて計5人になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース