サバシア2/3回を無安打無失点 8回救援も左肩違和感で降板 最後の登板の可能性も…

[ 2019年10月19日 02:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦   ヤンキース3-8アストロズ ( 2019年10月17日    ニューヨーク )

アストロズ戦の8回途中に登板したヤンキースのサバシア(AP)
Photo By AP

 ヤンキースのサバシアが8回無死一、三塁で救援したが、左肩に違和感を訴えて降板した。5人目の打者スプリンガーとの対戦中にトレーナーが駆け寄り、投球練習したが結局交代。2/3回を無安打1死球無失点だった。

 今季限りの引退を表明しており、これが251勝左腕の最後のマウンドとなる可能性も。アーロン・ブーン監督は「様子を見るが、肩が良くない。選手の入れ替えも検討する」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース