ロッテ 佐々木1位指名の舞台裏映像、再生回数18万回超え 今年も人気集中

[ 2019年10月19日 13:06 ]

ドラフト会議へ向けて、気合を入れるロッテ・永野チーフスカウト(中央)
Photo By 提供写真

 ロッテはドラフト会議終了直後の17日深夜に「マリーンズ公式YouTubeチャンネル」で公開したドラフト会議舞台裏映像の再生回数が19日午前10時で18万回を超えたと発表した。

 ドラフト1位指名・佐々木朗希投手(大船渡)の抽選が行われる際のスカウト控室での柳沼強担当スカウト、会議後の井口資仁監督に球団広報が密着した映像。抽選結果を待つスカウトが祈る姿、歓喜の瞬間などの映像が映し出されている。

 ドラフト舞台裏映像は昨年の藤原恭大外野手(大阪桐蔭)、一昨年の安田尚憲内野手(履正社)、3年前の佐々木千隼投手(桜美林大学)の抽選の際も同様に公開し、大きな話題となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース