巨人・山口 得意鷹狩り 初の日本Sも「自分のボールを投げるだけ」

[ 2019年10月19日 05:30 ]

日本シリーズ 第1戦   巨人ーソフトバンク ( 2019年10月19日    ヤフオクD )

キャッチボールで汗を流す山口
Photo By スポニチ

 巨人の山口が得意の鷹撃ちだ。DeNA時代の14年6月15日からソフトバンク戦は4連勝中。14年目で初の日本シリーズとなるが「やることは変わらない。何も考えずに自分のボールを投げるだけ」と自然体で構える。

 今季は15勝、188奪三振、勝率.789と投手3冠。原監督が「(今年の)エース」と表現した右腕が、心強いデータも味方に初陣のマウンドを担う。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース