DeNA3位指名の明大・伊勢 4失点で敗戦投手 ソフトB5位指名の柳町らに被弾

[ 2019年10月19日 15:01 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第6週第1日 1回戦   明大1―4慶大 ( 2019年10月19日    神宮 )

<明大・慶大>初回、慶大・柳町(左)に2ランを浴びた明大先発の伊勢(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 17日のドラフト会議でDeNAから3位指名を受けた明大・伊勢大夢(九州学院)が先輩。指名御礼の快投を見せたかったが、7回4失点で敗戦投手となった。

 広島1位指名の森下暢仁(大分商)がドラフト2日前の15日にへんとう腺から熱発して登板を回避。初の1回戦先発の大役をもらったが初回にソフトバンク5位指名の慶大・柳町達(慶応)に2ラン。5回にも柳町、中日4位の郡司裕也(仙台育英)の短長打から2点を失った。

 「初球から振ってこないだろうと思って柳町にはチェンジアップを投げたんだけど、考えが甘かったです」と反省しきり。DeNAスカウト陣の見守る中で力を発揮できず肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月19日のニュース