日本ハムとコラボ「FIGHTERS×WAON」発売 収益一部は地域貢献活動へ

[ 2019年6月3日 16:39 ]

「FIGHTERS×WAON」スタンダード版
Photo By 提供写真

 日本ハムは3日、イオン北海道株式会社と連携し、6月16日から北海道内の「イオン」、「イオンスーパーセンター」、「マックスバリュ」など126店舗で「FIGHTERS×WAON」(発行手数料1枚300円)の販売を開始すると発表した。

 イオン北海道株式会社は、「地域社会に貢献する」という基本理念のもと、道内6自治体と包括連携協定を締結し、地域の皆様とともに地域経済活性化や観光振興などに取り組んでいる。一方、日本ハムも企業理念「Sports Community」のもと、ベースボールアカデミーやダンスアカデミーをはじめとする「アカデミー事業」や、CSR活動(企業市民活動)を「Sports Community活動」と称して展開する社会貢献など、様々な地域貢献活動に取り組んでいる。

 双方がこうした互いの理念に共感し合い、両社連携のもと「FIGHTERS×WAON」の発行が実現した。デザインはプライマリーマークをあしらったスタンダード版と、球団のメインマスコットキャラクター「フレップ」をあしらった2種類で、収益の一部は日本ハムの地域貢献活動に活用される。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2019年6月3日のニュース