慶大が勝ち点4で2位 高橋佑3安打完封 首位打者は明大・添田

[ 2019年6月3日 15:55 ]

東京六大学野球春季リーグ戦最終週最終日 3回戦   慶大2―0早大 ( 2019年6月3日    神宮 )

<早大・慶大>完封勝利の慶大・高橋佑(中央)はで2位を確定させナインと共に喜び合う (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 早慶3回戦は慶大の高橋佑樹(4年=川越東)が早大を3安打に完封、勝ち点を4に伸ばし2位を確保。敗れた早大は勝ち点3の3位に終わった。

 首位打者争いは慶大・柳町達(4年=慶応)が1安打、早大・滝沢虎太朗(3年=山梨学院)がノーヒットと打率を落とし、加藤雅樹(4年=早実)は2安打し打率を上げたものの添田真海(同=作新学院)の4割には届かず、添田に決まった。最優秀防御率は立大の田中誠也(同=大阪桐蔭)が2度目の受賞となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月3日のニュース