ロッテ ZOZOマリンに初の“寿司看板” レアード「テンションが上がる。すご~いね!」

[ 2019年6月3日 13:17 ]

ロッテの本拠地ZOZOマリンの一塁側ベンチ上に設置される「北辰水産」の広告看板
Photo By 提供写真

 ロッテはブランドン・レアード内野手(31)が、ホームランを打った際の「すしポーズ」がきっかけでスポンサー契約した「北辰水産」(本社・千葉県柏市)の広告看板を4日の阪神戦(ZOZOマリン)から一塁側ベンチ上部に設置すると発表した。

 北辰水産は鮮魚、海産物の販売を行い、首都圏の百貨店、駅ビルを中心に全国に44店舗の鮮魚店を出店。寿司店は千葉県内に2店舗ある。ZOZOマリンスタジアム内に寿司がデザインされた看板が設置されるのは初。

 レアードは「ZOZOマリンスタジアムの一塁側ベンチ上に寿司の看板が出るのはとてもクールだ。テンションが上がる。すご~いね!幕張スシさいGO(最高とさあ、行こうの意味)」と興奮したコメントを出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月3日のニュース