広島、連勝ストップも猛追見せた 広輔が口火 一挙5得点

[ 2019年6月3日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5―7阪神 ( 2019年6月2日    マツダ )

6回1死満塁、田中広は左線に2点適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島は2日の阪神戦で5―7と惜敗して、連勝が5で止まった。それでも、7点劣勢の6回に、田中広輔内野手(29)の適時打が口火となり、サビエル・バティスタ外野手(27)のこの日3安打目となる適時打などで1イニング5点の猛追。一発が出れば大逆転というほどの見せ場をつくった。2位・阪神との直接対決を勝ち越して4ゲーム差。勢いを持続したまま、交流戦に突入する。

 試合後のナインに悲壮感はない。2回に7点差をつけられても、勝利への望みが消えないところに、好調なチーム状況が表れている。6回に1イニング5点の猛追。緒方監督は「こういう展開になっても、野手が集中していい攻撃をしてくれた」と、交流戦への手応えをつかむ一戦となった。

 7点劣勢の6回1死無走者、西川の出場25試合連続安打となる左前打が口火となった。磯村の右前打、小窪の四球で満塁。続く田中広は初球の直球を狙った。左前への2点適時打として、チーム初得点が生まれた。

 死二、三塁からの野間の遊撃へのゴロは、快足を飛ばして内野安打。適時失策もからみ、二塁走者・田中広も生還した。さらに2死一、三塁で、バティスタが左前適時打を放ち、今季4度目の1イニング5点以上とした。

 結果もさることながら、猛攻の中身が濃かった。田中広が「チャンスだったので積極的にいった」という一打は、今季2度目となる2試合連続の複数安打。打率・192と2割復帰も目前で、不振脱出への光としたい。

  5点目を挙げたバティスタは、1打席目に「しんどかった」と笑う自身初の三塁打。計3安打で打率は・307となり、ついに大台に乗せた。5月に10本塁打を量産した大砲の勢いは増すばかりで、「調子もいいし、交流戦も一生懸命頑張ります」と誓った。

 持ち前の粘り強さを確かめて、交流戦へと突入する。2位・阪神との直接対決に勝ち越して4ゲーム差。指揮官は「もうひと押しというところまで苦しめられた。負けはしたけど、切り替えて交流戦に入っていきたい」とうなずく。昨季の交流戦は借金4と苦しんだ。パ・リーグの投手陣を攻略するためのカギは、この日の粘りにある。 (河合 洋介) 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月3日のニュース