清宮、連続出塁止まるも犠飛で貢献「球種も考えながらいけた」

[ 2019年6月3日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム8―5オリックス ( 2019年6月2日    京セラD )

8回無死二塁、三塁、清宮は中犠飛(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮は4打数無安打ながら1打点。連続出塁は7試合でストップしたものの、8回には右犠飛で追加点を挙げた。

 4打席目まではもうひとつ捉えきれない打席が続いたが、8回は小林の低めのフォークを巧みに右翼へ。「(8回の打席は)球種も考えながらいけた。(状態は)良くなっている」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月3日のニュース