オリまたも拙守で日曜日9連敗 西村監督「同じ失敗の繰り返し…」

[ 2019年6月3日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5―8日本ハム ( 2019年6月2日    京セラD )

4回2死満塁、中田に左越えに満塁弾を浴びたK-鈴木は、エラーで傷口を広げた白崎から慰められる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 負の連鎖を断ち切れない。オリックスがまたも拙守にまみれた。開幕から日曜日は1分けを挟み9連敗。西村監督は「同じ失敗の繰り返し…」と嘆いた。 

 指揮官が指摘したのは2―2の4回2死一塁だった。三塁・白崎が大田のゴロを一塁悪送球。際どいタイミングで西村監督がリクエストを要求したが、責任審判の丹波一塁塁審から「要求が速やかではなかった」と認められず。その後、満塁とされ、K―鈴木が中田に被弾した。白崎は8回に2個目の一塁悪送球。決定的な2点を献上する契機となった。

 引き分けを挟み4連敗で借金は今季最多11に膨らんだ。試合後に、斎藤と岩本の抹消を決定。代わりに交流戦での反攻材料として明日4日DeNA戦(京セラ)から右肩痛で離脱していたディクソンとエップラーがともに救援転向し合流する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月3日のニュース