阪神・大山 交流戦を前に甲子園の「ヤジ」対策を伝授?「聞いたら終わりです」

[ 2019年6月3日 14:42 ]

<「日本生命セ・パ交流戦」開幕会見>セ・パ交流戦のトロフィーに手を掛け、フォトセッションを行う阪神・大山(左)とロッテ・種市(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 阪神・大山が、4日開幕する「日本生命セ・パ交流戦」の記者会見に出席。パ・リーグ球団の選手に対し、甲子園球場の「ヤジ」対策を教授した。

 西武・源田は入団1年目に出場した甲子園の交流戦で「ヤジ」の洗礼を浴びたという。虎の4番として打線をけん引する大山にとっても人ごとではない。司会者にどうやって対応しているのか、と質問された大山は「聞いたら終わりです。聞かないようにしています」と、意外?な対策方法を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月3日のニュース