ソフトB上林、死球受け右手打撲 工藤監督「スイングが厳しいと…」

[ 2019年4月17日 21:36 ]

パ・リーグ   ロッテ1―0ソフトバンク ( 2019年4月17日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>2回無死、死球をうける上林 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 死球を受けて途中交代したソフトバンク・上林は、病院で検査を受け「打撲」と診断された。「5番・右翼」で先発出場した上林は2回の第1打席でロッテ・岩下から右手首付近に死球を受け、4回の第2打席で代打を送られた。

 試合中に病院へ向かった上林について、工藤監督は「投げる方は大丈夫だけどスイングが厳しいということだった。打撲で済んだのはよかった」と話した。18日以降の出場については経過を見て決める方針だ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース