西武ドラ1松本航が公式戦デビュー!2軍戦、1回1安打2四球も最後は三振斬り

[ 2019年4月17日 16:37 ]

<イースタン 西・ヤ>9回から登板した松本航(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト1位・松本航(日体大)が公式戦デビューを果たした。

 イースタン・ヤクルト戦(メットライフD)に4番手で登板。1回を1安打2四球で無失点だった。

 5点を追う9回のマウンドへ。先頭・山崎を145キロ直球で見逃し三振に仕留めた。続く渡辺は遊撃内野安打。盗塁死の後に2死から連続四球を与えて一、二塁としたが、最後は奥村から空振り三振を奪った。

 実戦登板は3月17日の阪神戦以来。その際は雨の甲子園でのマウンドで、2回1/3を5安打5四球7失点と崩れた。

 それでも即戦力ルーキーは開幕3戦目となる3月31日のソフトバンク戦の先発が有力視されていたが、開幕直前に発熱。病院での検査で軽い肺炎と診断されてチームを離脱し、2軍で再度調整をしていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース