“知識の男”ダルビッシュ、今季初勝利につなげた熱い敵地での最善ドリンク

[ 2019年4月17日 08:15 ]

ナ・リーグ   カブス7―2マーリンズ ( 2019年4月15日    マーリンズ・パーク )

マーリンズ戦の6回途中に降板し、ベンチでチームメートに迎えられるカブスのダルビッシュ(共同)
Photo By 共同

 前日に気温1度だったシカゴから28度のマイアミへ移動したダルビッシュ。昨季の初登板では同じマイアミで汗をかきすぎて脱水症状気味になったが、今回は電解質入りの粉末「ゲータライツ」をドリンクに混ぜて飲み、失敗を繰り返さず。水だけ多く取ると「逆に“自発的脱水”で脱水になってしまう」と避けて最善策を選択。最後の2球で99マイルとガス欠を起こさなかった。

 ドジャースの前田は広島時代の10年球宴でのトレーニングや栄養面のアドバイスに今も感謝している。「凄い投手がこれだけやっているのに、差が開くばかりだと。そこから意識が変わった」。知識は惜しみなく伝える。ダルビッシュが試行錯誤するのは、自身のためだけではない。(大リーグ担当・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース