中大・古賀、決勝打で今季初勝利 表情明るく「自信になります」

[ 2019年4月17日 05:30 ]

東都大学野球   中大7―6駒大 ( 2019年4月16日    神宮第1 )

8回2死二、三塁、中大・古賀は勝ち越しとなる中前適時安打を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 線が12安打を放ち、接戦をものにして今季初白星を挙げた。3点リードを守れず迎えた同点の8回。2死二、三塁から古賀が決勝の中前適時打を放った。「僕は打つキャラじゃないけどオフにバットを振ってきた。自信になります」。

 開幕から3試合で9打数5安打、打率.556を誇る脅威の7番。捕手として失点の多さを反省しながら表情は明るかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月17日のニュース