ヤクルト樹理134球完投「中継ぎ陣を休ませられたのは良かった」

[ 2019年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト9―5阪神 ( 2019年4月16日    松山 )

通算400勝を飾った小川監督は、完投勝利の原(右)からウイニングボールを贈られる    (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 ヤクルト・原が134球を投げ、今季チーム初完投で2勝目を挙げた。9回2死から中谷に2ランを許すなど、11安打5失点。満足のいく投球ではなかったが、打線の援護に助けられた。

 「最後の本塁打は余計だった」と反省しつつ、「160球でもいくつもりだった。中継ぎ陣を休ませられたのは良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース