ソフトB東浜、痛恨被弾を猛省「一番やってはいけないことをやってしまった」

[ 2019年4月17日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0―6ロッテ ( 2019年4月16日    ZOZOマリン )

6回無死、角中にソロ本塁打を浴びる東浜 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは今季のロッテ戦4試合目で早くも3敗目を喫した。先発で6回を6失点の東浜は「一番やってはいけないことをやってしまった。あそこで試合を決めてしまった」。3回2死二塁から連続四球で満塁とされ、レアードに浴びた一発を猛省した。

 4試合で投手陣が9被弾と、一発に泣くシーンが目立つ。打線は涌井の前にわずか2安打。工藤監督は「いいコースにいっていた。今日は向こうが上だった」と完敗を認めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース