マエケン 7回途中4安打1失点、勝利投手の権利持ち降板

[ 2019年4月17日 13:20 ]

ナ・リーグ   ドジャース―レッズ ( 2019年4月16日    ロサンゼルス )

レッズ戦に先発したドジャース前田健太投手(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(31)が16日(日本時間17日)、本拠地ロサンゼルスでのレッズ戦で今季4度目の先発登板。7回途中4安打1失点で、勝ち投手の権利を持って降板した。勝てば今季3勝目(1敗)、メジャー通算40勝目(28敗3セーブ)となる。

 初回は、先頭のボットを低めの変化球で空振り三振に仕留めるなど3者凡退の立ち上がり。1点のリードをもらった直後の2回は2死から四球で初めての走者を出したが、ペラザを外角変化球で右飛に打ち取った。

 リードが4点に広がった3回、1死から投手のマーレに左中間二塁打、1番・ボットに右翼線適時二塁打され1失点した。続くスアレスは二直、ウインカーは右飛に打ち取った。4回は1死から元チームメートのケンプに左翼線二塁打、ディートリッチに四球を与え一、二塁。2死後、バ―ンハートに四球を与え満塁となったが、マーレを空振り三振に抑えた。

 5回は2死から3番・ウインカーに左前打されたが、続くプイグを二飛に打ち取った。6回は3者凡退。7回、連続三振で2死をとったところでマウンドを降りた。

 今季はここまで3試合に登板し2勝1敗、防御率4・76。中5日での登板で、前回は10日(同11日)のカージナルス戦。5回1/3を投げ、7安打5失点と打ち込まれて今季初黒星を喫していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース