巨人・山口“地方の鬼”本領 6四球「最悪」も開幕3連勝

[ 2019年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―2広島 ( 2019年4月16日    鹿児島 )

巨人先発の山口(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 巨人・山口が“地方の鬼”の本領を発揮した。昨年、4試合で3勝1敗、防御率1・29の地方球場で、7回3安打2失点にまとめ、開幕3連勝。6四球の内容に「最悪です」と反省しながらも要所を抑えた。

 昨年8回2失点で敗戦投手となった鹿児島でリベンジを果たし「大好きなかるかん(鹿児島特産の和菓子)を食べながら、(きょう17日に試合を行う)熊本に行きます!」と上機嫌だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース