阪神4番・大山が先制2ラン!5試合ぶり一発で青柳を援護

[ 2019年4月17日 19:26 ]

セ・リーグ   ヤクルトー阪神 ( 2019年4月17日    神宮 )

<ヤ・神>4回1死一塁大山は先制2ランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 阪神の大山が価値ある先制弾を放った。ヤクルト戦の4回1死一塁。ブキャナンの甘く入った2球目をすくい上げるように振り抜くと、高々と舞い上がった打球は左翼ポール際に着弾。5試合ぶりの2号2ランで今季まだ白星のない先発・青柳を援護した。

 「打ったのはチェンジアップ。しっかりと自分の強いスイングができた結果が、ホームランにつながったと思います。青柳さんを何とか早い段階で援護したかったので、先制することができてよかったです」

 打率・2割台前半ながら、開幕から4番を任され続けている若虎が意地を見せた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月17日のニュース