土壇場逆転の広島 39歳・石原がV打「なんとか打てるように頑張った」

[ 2019年4月17日 21:46 ]

セ・リーグ   広島5―4巨人 ( 2019年4月17日    熊本 )

<巨・広>巨人に勝利し笑顔を見せる石原(右)と菊池(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 広島は9回2死から菊池涼の適時二塁打で追いつき、石原の中前適時打で勝ち越し。連敗を2でストップした。

 土壇場からの逆転劇。殊勲打を放った石原は「みんながつないでくれたので、なんとか打てるように頑張りました」と振り返った。

 直後の守備では中崎が1死一、二塁のピンチを背負ったが、陽を併殺打に斬ってゲームセット。7回からマスクをかぶった39歳は「中崎がいい所に投げてくれた。年に1回の熊本で勝つことができてよかった」と勝利の余韻に浸っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月17日のニュース