ロッテ角中 起死回生の一撃!9回無死一塁から同点2ラン

[ 2019年4月9日 21:00 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2019年4月9日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>9回、無死一塁、同点2ランを放ち声援に応える角中(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ロッテの角中が2-4とリードを許した9回無死一塁の場面で起死回生の同点2ラン。オリックスの3番手・沢田からバックスクリーンに飛び込む今季3号となる一振りで試合を振り出しに戻した。

 その後ロッテは一死満塁とサヨナラのチャンスを作るも藤岡が三飛、吉田裕が空三振に倒れ延長戦へと突入した。

 オリックスは2年目のアルバースが7回2/3を6安打2失点の好投で今季初白星目前だったが角中の一撃で泡と消えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月9日のニュース