巨人・山口「0点もしくは最少失点で」 9日中日戦先発

[ 2019年4月9日 08:21 ]

動体視力のトレーニングをする巨人・山口。手前は田口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 9日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発する巨人・山口が8日、川崎市ジャイアンツ球場で投手練習に参加した。前回2日の阪神戦では7回5安打3失点で今季初勝利を挙げたが、5四死球と課題も残した。「無駄な四球を出さないようにストライク先行でリズム良くいければなと思う」と修正を誓った。

 5日のDeNA戦では菅野が12球団一番乗りで完投勝利。山口は「マウンドに上がるときは常に完投目指してやっています」と菅野に続く意欲を持つ。昨季の中日戦は7試合で3勝0敗、防御率1・80と好相性。「先取点を取られないようにというところだと思う。なんとか味方が点を取ってくれるまで0点もしくは最少失点でいけるように頑張ります」と意気込んだ。(岡村 幸治)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月9日のニュース