楽天・浅村 古巣に鮮烈な場外弾「流れを戻すのにもいい1本」

[ 2019年4月9日 20:32 ]

パ・リーグ   楽天―西武 ( 2019年4月9日    大宮公園 )

<西・楽>5回無死一塁、左越え2ランを放つ浅村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 FA移籍した楽天・浅村が、古巣・西武に鮮烈な場外弾を見舞った。

 西武の4番、昨年の本塁打王・山川に今シーズン5号となる3ランを左中間に打ち込まれ、1点差に迫られた直後の5回だった。

 マウンドには西武・先発のニール。右前打で出塁した茂木を1塁において登場した浅村は、スタンドからのブーイングをかき消すように、1ボールからの2球目を強振、打球はレフト場外に消える2ランとなった。当たった瞬間、それとわかる今季2号で、6ー3と点差を3点に広げた。

 浅村は「打ったのはスライダー。前の回に1点差に追いつかれていましたからね。流れを戻すのにもいい1本が打ててよかったです」とはにかみながらコメントした。

 

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月9日のニュース