中日、大野雄&ロメロで1043日ぶり貯金生活へ 巨人戦は左腕2人で

[ 2019年4月9日 05:30 ]

ノックで声を出しボールに駆け寄る大野雄(右はロメロ)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 16年6月1日を最後に遠ざかる貯金生活は左腕2人に託された。中日は、9日からの巨人2連戦(ナゴヤドーム)に大野雄とロメロが先発する。チームは昨季、巨人に8勝16敗1分けと大きく負け越したが8勝のうち5勝を先発左腕がマークしており、2人にかかる期待は大きい。

 9日に登板する大野雄はこの日、ナゴヤドームでの投手練習で最終調整。前回2日の広島戦では3被弾しただけに「巨人の打線は間違いなく強い。長打があるチームなので、より一層気をつけないと」と警戒心を強めた。

 初登板初勝利した4日の広島戦から中5日での登板となる新外国人のロメロは「米国ではほとんど中5日だった」と自信を見せた。

 今季は勝率5割から「貯金チャンレジ」した試合は3戦全敗。左腕2人で連勝し、1043日ぶりの貯金生活といきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月9日のニュース